コレステロールを減らすサプリ!

コレステロールの量を少なくするために有効なのは、食生活を見直す、適度な運動をすることです。しかし、仕事や家事で忙しい方にとっては、実践することができない方もいることでしょう。そのような方におすすめなのが、コレステロールの量を少なくすることができるサプリメントです。

 

主に、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)と呼ばれる成分が入っているサプリメントで、これらは、サラサラ血液にしてくれる作用を持っています。これらの成分を成分は有名なので、耳にしたことがある方は多いことでしょう。

 

コレステロールによってドロドロ血液になってしまうと、血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクを高めてしまいます。

 

DHAやEPAには、このような病気を防いでくれる作用があるのです。また、DHAやEPAは、マグロやイワシなどの青魚にたくさん入っている成分です。

 

ただ、このDHAやEPAは、毎日継続して摂取する必要があり、イワシの場合、1日に2〜3匹も摂取する必要があります。サラサラ血液にしてくれるからといって、この量を継続して食べることは困難でしょう。

 

そのようなことから、DHAやEPAが入っているサプリメントをおすすめしたいのです。これらを利用すれば、1日に必要なDHAやEPAの量を150円ほどで補うことが可能です。

 

さまざまなメーカーがDHAやEPA入りのサプリメントを売っていますが、信頼性があるか、料金は適切かなどを踏まえて購入すると良いでしょう。

 

悪徳なメーカーのサプリメントを摂取してしまうと健康を害する可能性もあるため、安いという理由だけで商品を買うことは控えたほうが良いでしょう。

 

コレステロールサプリランキング

 

ダイエット用のキャットフードの特徴

 

猫の中には肥満気味な猫もいると思います。一般的に猫というのは、4歳くらいまでは体格が大きくなっていくので、だんだん体重も増えていきます。1〜2年で成猫となりますが、だからと言ってそれで体の成長が止まるのではないのです。

 

もしも猫が肥満気味になってきたら、少し食事をコントロールする必要があります。この時に、量を減らすのは簡単ですが、その場合には猫が十分に満足できない場合がありますので、こういった場合は食事の量ではなく、カロリーを減らすことが大事です。

 

そういった場面で役立つのがダイエットキャットフードです。一般的なキャットフードと比較してカロリーが少なめに作られており、かつ低脂肪となっているので、太りにくくなります。ただし、風味の面でいくらか物足りない部分がありますから、猫用のフリカケや普通のキャットフードを多少混ぜてあげるなどして食べさせるのが良いでしょう。

 

ダイエット中でも、猫にとってタンパク質は命ですから、これがあまり減らないように注意が必要です。肥満の原因になるのは多くの場合は炭水化物や脂質ですから、これに注意するようにしてください。安価なキャットフードほど、穀物などの含有量が多くなり、タンパク質よりも炭水化物に偏ったものになりがちです。

 

また、ダイエット用のキャットフードは、代謝を促すためにミネラルやビタミンもしっかり含まれているので、猫の体重管理だけでなく健康管理のために普段から混ぜて利用するのもOKです。成長期の場合にはしっかりカロリーを与えることも大事ですから、あまり必要ありませんが、肥満児や高齢になってきた場合には検討も考えましょう。

 

こちらを参考に:猫のダイエットにおすすめのキャットフードは?肥満防止ランキング

 

更新履歴

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.