トップページ ≫ コレステロールと飲酒の関係性

コレステロールと飲酒の関係性

酒は適度な量だと健康に良く、コレステロールに対しても血液の内部に存在する悪玉コレステロールの量を減少させ、逆に善玉コレステロールの量を増加させてくれる作用があるとされています。

 

では、善玉コレステロールの量を増加するために理想的な酒の量ですが、ビールの場合は、大瓶で1本、日本酒の場合は1合、ウィスキーの場合は、ダブルで1杯程度としています。

 

しかし、過度に飲酒をすると肝臓の機能が衰え、中性脂肪の量が多くなり、糖尿病や肥満につながります。また、中性脂肪の量が多くなると、適度な飲酒をしても、善玉コレステロールの量は増加せず、血液の内部にコレステロールが溜まっていくとされています。

 

ほかにも、飲酒と同時に摂取する、つまみにも気をつける必要があります。つまみは、塩分が多かったり、カロリーが高かったりする食べ物が多いためです。また、飲酒をすることで、満腹中枢が正常に機能せず、過食ぎみになってしまいます。

 

例えば、飲み会の最後のシメにラーメンを食べることは、コレステロールのことを考えたら一番やってはいけないことです。

 

飲酒をストレス発散に利用する方はたくさんいますが、そのときには、適度な飲酒とカロリーや塩分を控えめにすることで、逆に健康になれるのです。飲酒が好きな方は、食事のカロリーと飲酒のカロリーを分けて考えると良いでしょう。

 

これを実践するためには、まずは、自分が飲もうとしている酒のカロリーを調べて1週間でどの程度のカロリーを摂取するかを決めると良いでしょう。また、「今日は飲みすぎかな」という日があれば、飲酒をしない日を設けるのも1つの方法でしょう。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.