トップページ ≫ 心筋梗塞とは

心筋梗塞とは

心筋梗塞とは、体の中を循環している血液がストップしてしまうことをいいます。

 

血液の流れがストップしてしまうということは、心筋の細胞に酸素が行き届かなくなることにつながり、心臓が止まり、最悪は死亡してしまうことになります。心筋梗塞は、狭心症の症状を持っている方が発作を繰り返したあとに起こったり、前触れもなく起こったりします。

 

原因として挙げられるのは、動脈硬化が重度の場合、血管の内部にある脂肪の影響で血栓が作られてしまう場合などです。

 

もし、胸が突然痛むと同時に、呼吸が苦しくなる、冷や汗が出る、吐き気がある場合には、心筋梗塞の可能性があります。

 

その心筋梗塞を引き起こす原因の動脈硬化が起こる原因ですが、食生活、運動、ストレスなどの、普段の生活習慣が関わっています。食生活については、動物性脂肪がたくさん含まれているような食事をしていると、血液の内部に中性脂肪や悪玉コレステロールが多くなり、血管の壁にはりついて、血管が詰まったり、破れたりします。

 

これが動脈硬化という状態です。動脈硬化は、年齢を重ねることで悪化していきますが、40歳を越えたあたりからは注意が必要です。そのため、40歳ぐらいの年齢から意識して予防することが大切になります。

 

特に、食生活については、野菜類を意識して食べる、油分が含まれている食べ物はできるだけ控える、バランスの良い食事をすると良いでしょう。これらを若いうちから実践することで、習慣になり、年齢を重ねても苦に感じることなく継続することができることでしょう。ほかにも、タバコを止めたり、飲酒を控えたりすることも動脈硬化対策には有効です。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.