トップページ ≫ 柿渋塗料でアレルギー予防

柿渋塗料でアレルギー予防

日本でも、昔から柿渋は日常的に用いられてきました。例えば、少し前までは日本の家屋は木造が多かったのですが、そこに使われる建材に柿渋を塗ると、防虫や防腐の効果を発揮すると重宝されました。

 

和傘やうちわなどの庶民が日常生活で必需品として使用してきたグッズにも、柿渋は使われてきました。こうした塗料としての柿渋の効果は、防水の意味も強く持っています。現代ではもっと安価な素材で防水用品が製造されていますが、伝統工芸品などでは未だに多くの場面で柿渋が用いられています。

 

塗料によるアレルギー
数年前に大きなニュースとなった、シックハウス症候群を覚えていますか?これは、家を作るときに使う塗料に、ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物が含まれているのが原因で引き起こされるアレルギーの一種です。

 

ただ家にいるだけでアレルギーを発症してしまうのですから、たまったものではありませんね。大きな訴訟問題となるほど甚大な被害を受けた人も続出して、今ではシックハウス症候群の対策をとったマンションや住宅が基本となっています。

 

天然の塗料
一昔前では考えられなかった、住宅の塗料によって引き起こされるアレルギー。シックハウス症候群に限らず、家の中でアレルギーの引き金となる要因はいくつも考えられます。一度かかってしまうと、原因が特定しにくく治療も難しいアレルギーを予防するには、柿渋塗料のような天然の素材を使うのが安全です。

 

未熟な渋柿を搾ってエキスを抽出し、これを醗酵熟成させたものが、柿渋です。天然自然由来のエキスですから、化学薬品を合成することで想像もつかない健康被害を引き起こしかねない人工塗料を用いるよりは断然安心ですね。

Copyright (C) 2016 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.