トップページ ≫ 酵母は生きて届いてこそ

酵母は生きて届いてこそ

今、健康や美容の分野で非常に注目されているもののひとつが酵母です。酵母は微生物の一種なのですが、これが腸まで生きた状態で届くと、腸内で善玉菌となって健康に様々に寄与するようになります。

 

特に近年、酵母が糖質を分解する働きを利用して、ダイエット効果を得られるということで人気が出てきています。その際に、ちょっと注意しておきたいのが、「生きて届かせる」ということです。生きて届いてくれないと、酵母の効果はありません。摂取したらそれが腸で働いてくれる、というほど単純ではなく、その前に胃酸などによってあっさりと死んでしまうことも多いのです。

 

腸内環境の整備のためにも、酵母や乳酸菌などの善玉菌はしっかり腸に届いてほしいものですが、こうした胃酸の働きによって阻害されている部分があるのです。食事をしている時や、空腹時というのは胃酸が多くなっているタイミングでもありますから、このタイミングでこういったものを摂取してもやられやすくなっています。

 

ですから、胃酸の分泌が少し落ち着くタイミングを見計らって摂取するのが良いでしょう。ただ、ダイエット目的の場合は糖質の前もしくは一緒に摂取しないとあまり効果がありません。

 

最近は生きたまま腸まで届くというコピーの商品が多いですが、そういったものを摂取するのも良さそうです。どちらにしても、多くの量を取り入れればそれだけ生存できる確率は上がるわけですから、サプリメントなどで積極的に摂取するようにすると、それだけ健康効果が出やすくなるのではと思います。

 

こちらがおすすめ:酵母サプリランキング!ダイエットに成功する酵母の飲み方は?

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.