トップページ ≫ 妊娠中にプエラリアを飲んでも大丈夫なのか?

妊娠中にプエラリアを飲んでも大丈夫なのか?

妊娠中は比較的女性ホルモンの状態が安定しているものですが、美容効果などを求めてプエラリアを利用したいという妊婦さんもいるかもしれません。

 

しかしサプリメントの各メーカーでは、プエラリアを妊娠中に使用することは控えるようにと注意しています。ここでは、なぜ妊娠中にプエラリアの摂取を控えたほうがいいかについてお話しましょう。

 

内閣府食品安全委員会は非推奨
内閣府食品安全委員会では、妊婦さんが大豆イソフラボンを摂取することについて推奨していません。これは動物試験の結果を考慮し、人における臨床試験でのデータもないことから判断されていることです。イソフラボンを含んでいるプエラリアも、その中に入っていると考えてよいでしょう。

 

動物試験では、胎児の生殖機能に異常が見られたり、がん細胞を死滅させる物質を阻害する性質がフラボノイドにあることも原因です。

 

妊婦さんだけでなく、妊娠する可能性のある女性も含めてが対象にされていますが、日常の食事以上にプラスして大豆イソフラボンをとるのを控えたほうがいいという意味だという点も忘れないでおきましょう。

 

大豆イソフラボン以上の成分
プエラリアには、大豆イソフラボンをはるかに上回るイソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンでも妊婦さんには危険視されているくらいですから、プエラリアは妊娠中には禁物だということがうかがえます。

 

ただし、妊娠する可能性のある女性も含むとなると、40代くらいまでの女性のほとんどがプエラリアを利用できないことになってしまいますね。基本は摂取目安量を守ること、またプエラリアを利用しているときは食事で大豆イソフラボンをさらにとるのは控えておいたほうがいいかもしれません。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.