トップページ ≫ コレステロールの正常値とは

コレステロールの正常値とは

健康診断を受けた際にコレステロールの量が多いと判断されるのは、総コレステロールの場合は220r/dl以上、悪玉コレステロールの場合は140r/dlといわれています。

 

ただし、この値は年齢、性別、食べ物、そのときの体調で違いがあります。そのため、何回も健康診断をすることで、コレステロールの量が多いかどうかを知ることができます。

 

また、コレステロールは、量が多くなっても自覚症状は出ません。血圧などの場合には血圧計で簡単に測定できますが、コレステロールは自分で確認することができないため、管理がしにくいです。

 

そのようなことから、何回も健康診断を受けて、自分のコレステロールがどの程度あるのかを知っておく必要があるでしょう。

 

そのコレステロールの正常値ですが、総コレステロールの場合は130〜220r/dl、善玉コレステロールの場合は40〜70r/dl、悪玉コレステロールの場合は60〜139r/dl、中性脂肪の場合は50〜150r/dlです。

 

それでは、コレステロールは正常な量よりも少なければ良いかというと、一概には言い切れません。なぜなら、コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、そのバランスが重要だからです。

 

善玉コレステロールのほうは、血管の壁に付着したコレステロールを肝臓に届ける作用があります。一方の悪玉コレステロールのほうは、末梢の組織に、組織が活発に働くようにするための物質を運ぶ作用があります。

 

しかし、多すぎてしまうと、血管の壁に付着してしまい、動脈硬化になるリスクを高めてしまいます。善玉コレステロールと悪玉コレステロールは逆の作用をするということになります。

 

つまり、悪玉コレステロールの量は少なく、善玉コレステロールの量は多いというのが一番良いバランスといえます。

Copyright (C) 2016 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.