トップページ ≫ コレステロールの量が多い場合に起こる病気

コレステロールの量が多い場合に起こる病気

会社などの健康診断を受けて、医師に「コレステロールの量が多いですね」といわれたのに、何もせずにそのままにしておいた場合、どのようになってしまうのでしょうか。

 

ここでは、コレステロールの量が多い場合に起こる病気について見ていきます。まず、コレステロールは体にはなくてはならないものなので、ゼロになってしまうと、生命に危険が及びます。そのコレステロールの量が多くなる最大の原因は、食生活にあります。

 

例えば、過度の飲酒、不規則な時間に食事をする、油ものを食べ過ぎるなどが挙げられます。つまり、コレステロールは、現代の生活では切っても切れない関係にあるといって良いでしょう。

 

まず、コレステロールの量が多いと、皮下脂肪や内臓脂肪に変化してしまいます。こうなると、心筋梗塞をはじめ、脂肪肝、糖尿病になるリスクを高めてしまいます。また、コレステロールは血管に最も悪影響を及ぼすため、動脈硬化になるリスクが一番高いです。

 

動脈硬化とは、血管の壁の柔軟性がなくなって、血管が狭くなってしまう状態をいいます。血管が狭くなることで血行が滞り、血管がつまりやすくなります。

 

心臓の付近で血管がつまると、心筋梗塞、脳で血管がつまると脳梗塞になるリスクを高めてしまうことになります。

 

ほかにも、脂肪が肝臓に蓄積することをいう脂肪肝は肝硬変の引き金になり、胆石もコレステロールの量が多いと引き起こされます。血管というのは、人間が生きていくためには必要なもので、この血管に障害が起きるのは、コレステロールの影響だということです。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.