トップページ ≫ コレステロールの量が多くなる原因とは

コレステロールの量が多くなる原因とは

コレステロールの量が多くなる原因として主に挙げられるのは、1つ目に、食事をするときにコレステロールがたくさん入っている食べ物を食べてしまうこと、2つ目に、遺伝や糖尿病によって肝機能が正常に作用せず、体の中でどんどんコレステロールが増えていってしまうことです。

 

1つ目については、生活習慣を見直すことでかなり良くなりますので、改めるようにすると良いでしょう。特に、食生活が原因でコレステロールの量が多くなっている可能性が高いです。

 

肉類や油もの、お菓子などのカロリーが高めの食べ物が好きな方の場合、コレステロールの量が多くなりやすいため、魚類や野菜などのカロリーが低めの食べ物を積極的に摂取するように心がけたほうが良いでしょう。

 

ほかにも、体内に取り入れたカロリーを効率良く使うことができない場合もコレステロールの量が多くなる原因として挙げられます。これを解消するためには、運動をすることが大切で、運動のなかでも、ウォーキングや水泳、ジョギングなどといった、いわゆる有酸素運動が効果的です。

 

そのときには、毎日少しの時間でも良いので、継続することが大切です。運動をする時間が確保できない場合には、1駅分歩いてみる、電車通勤や車通勤を自転車通勤にしてみると良いでしょう。ほかにも、生活リズムが不規則でもコレステロールの量が多くなってしまうようです。

 

例えば、決まった時間に食事をしない、夜食を食べるなどをすると、自律神経がおかしくなり、過食症や甘い食べ物を食べたくて仕方ないということが起こり得ます。また、飲酒や喫煙もコレステロールの量を増やしてしまうため、気をつけましょう。

Copyright (C) 2016 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.