トップページ ≫ コレステロールの量を少なくする薬

コレステロールの量を少なくする薬

コレステロールの量が多くなると、高脂血症になるリスクが高まり、進行すると動脈硬化にまでつながってしまいます。

 

実際にコレステロールの量が多い方は、健康な方に比べると早く亡くなってしまうという結果が出ています。そのようなことを防ぐためには、過食をしないようにしたり、運動不足を解消したりして、体重を減らし、生活習慣の改善をすることが効果的です。食生活については、量を減らすだけではなく、質を改善することが重要になってきます。

 

例えば、卵や魚の卵といった、コレステロールがたくさん入っている食べ物を食べ過ぎていないか、また、油分が含まれている食べ物ばかりを食べていないかなどです。

 

これらのことを実践するだけで、かなりの効果が期待でき、徐々にコレステロールの量を少なくすることができます。しかし、現実的には困難で、実践するのが面倒だったり、すぐに諦めてしまったりしてしまう方はたくさんいることでしょう。

 

コレステロールの量が多過ぎて太っている、運動をしても改善が見込めない、という場合には、医師の指導のもと、コレステロールの量を少なくすることができる薬を利用する場合があるようです。

 

これは、生活習慣が乱れている方以外にも、コレステロールの量が多い体質の方でも効果があります。今では、コレステロールの量を少なくする薬はたくさんあり、効果が期待できて副作用が出にくい薬があるため、医師に相談してみると良いでしょう。

 

ただし、長期間飲むことで、胃腸障害や肝機能障害が起きることがあります。また、スタチン系の薬の場合、手足が痛む、だるいなどの症状が出る恐れもあるため、そのような症状が出たときには使用を中止して、医師に相談しましょう。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.