トップページ ≫ コレステロールの量を少なくする食生活

コレステロールの量を少なくする食生活

コレステロールの量を少なくするためには食生活を改善することが有効で、コレステロールの量を多くしない食生活を送ることが大切です。具体的には、バランスの良い食事をするという方法です。

 

しかし、コレステロールの量を少なくすることだけに固執してしまい、野菜類や魚類だけを食べるということはなかなか難しいでしょう。ほかにも、コレステロールではない、体にとって必要な栄養素を摂取できなくなってしまって危険です。コレステロールの量を少なくするためのキーポイントは、毎日続けるということです。

 

まずは、カロリーを抑えめにしてみることからはじめましょう。

 

普段の食事で摂取しているカロリーの8〜9割に抑えたり、就寝前には何も食べなかったりすることでもかなり有効です。ほかにも、油分が含まれているような揚げ物を食べないことです。油分を摂取しないだけでもカロリーを低く抑えることができます。

 

そして、バランスの取れた食事をきちんとすることも大切で、理想は、1日に30品目といわれています。もし、お仕事をしている方は、手作りのお弁当を持っていく、自分で食べる場合には丼物は控えて野菜が多い定食などを食べると良いでしょう。

 

ほかにも、間食をしたり、飲酒をしたりしてもコレステロールの量を多くしてしまうため、ほかでカロリーを抑えても、意味があります。

 

もし、食事をする回数を少なくしたとすると、空腹に耐えられず過食気味になることになり、体の中に一度に食べ物が入ると、コレステロールの生成される速さが上がってしまいます。朝ごはんをきちんと食べて、夕食や夜食はそこまで食べないようにするのが理想です。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.