トップページ ≫ 動脈硬化とは

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈の血管の壁が硬くなったり、厚みが増したりすることによって、血流が滞ってしまう状態のことをいいます。

 

この動脈硬化は、コレステロールと深いつながりがあります。動脈硬化は病気という分類はされていませんが、血液の流れが滞ることによって、血栓が形成されてしまうと、血栓が形成される場所によっては、命の危険性が出てくる症状が出ることがあります。

 

食生活や生活習慣が乱れていると、善玉コレステロールの量が少なくなっていきます。善玉コレステロールとは、血液の中に溜まったコレステロールを掃除する作用がある物質のことです。

 

その善玉コレステロールの量が少なくなるということは、掃除を出来なかったコレステロールが血管の内部に溜まり、脂肪に変化し、血管の壁に付着してしまいます。

 

そうなると、その塊がドロドロとした状態に変化し、血栓が形成され、血液の流れが止まる場所が出てきます。この血液の止まる場所によって命の危険がある場合もあるのです。

 

例えば、血液の流れが止まる場所が脳の場合には脳梗塞や脳出血、心臓の場合には心筋梗塞や狭心症、足の場合には歩くことが難しくなり、細胞が死んでしまう壊死になることもあります。

 

これだけを聞くと動脈硬化はかなり怖いものと考えるでしょうが、原因が分かっているため、未然に防ぐことができます。主に、コレステロールの量を少なくして、中性脂肪の量も少なくして、高脂血症の状態を改善することです。

 

命の危険がある場合には、薬を使ってコレステロールの量を少なくするということはできますが、根本的な解決方法ではありません。一番理想なのは、食生活と生活習慣を改善していくという方法です。

Copyright (C) 2017 コレステロールを減らすサプリランキング All Rights Reserved.